シミ治療でのトレチノインの効果的な使い方

鏡を見て、肌に落ち込む女性

トレチノインとは、ビタミンA誘導体の一種であり、肌のターンオーバーを促進させて古くなった角質や細胞を排出させる作用があります。
肌の内部からシミを排出させていくことが出来る為、トレチノインによる治療を続けていけば肌の奥に出来てしまったシミも改善することが出来ます。
トレチノインが配合されている医薬品にレチンAクリームがあります。
レチンAクリームの効果的な使い方としては、単体で使うよりも「肌の漂白剤」と呼ばれるハイドロキノン配合の医薬品を併用していくと良いでしょう。
トレチノインの効果によって肌内部のシミを排出させ、ハイドロキノンの効果によってシミ生成のもとに働きかけることで「シミを排出しながら新たなシミも作らせない」という治療をすることができます。
また、トレチノインは肌のターンオーバーを促進させる効果も持っているので、使用すると肌の皮が薄く剥けてきます。
この時の肌は非常に無防備な状態になっており、紫外線などのダメージを受けやすくなっている為紫外線対策を怠るとかえってシミを濃くしてしまったり、新たなシミが出来てしまう可能性があります。
これを防ぐ為にもハイドロキノンを併用していくのがおすすめです。

その他にも、トレチノインには炎症による色素沈着からも肌を守る役割があります。
その効果を持ったレチンAクリームはそれだけ強い薬となるので使用方法には十分に気をつける必要があります。
特に敏感肌の方はレチンAクリームの正しい使い方をしっかりと確認してから購入することをおすすめします。
濃度が高いと反応も出やすいですが、初めて使用する場合は低い濃度から試すと良いでしょう。
治療中は肌が乾燥しやすく、無防備な状態となっているので紫外線対策や保湿はしっかりと行うようにしましょう。
副作用として肌に赤みやかゆみ、ヒリヒリとした症状が出ますが、これは治療の過程であり肌が反応を起こしている証です。
あまりにも強い痛みや赤み、腫れなどの症状が出た場合は使用を中止して医師の診察を受けましょう。